WEST GROUP / 株式会社ウエストホールディングス

MENU


トップ > WEST TOPICS > 【日経産業新聞】再生エネルギーの地産地消を実現します

WEST TOPICS

2015.3.11

【日経産業新聞】再生エネルギーの地産地消を実現します

【日経産業新聞】再生エネルギーの地産地消を実現します

※写真は「安芸高田市の公共施設」

3月11日(土)の日経産業新聞1面に、ウエストホールディングスが取り上げられました。

以下に、記事の要約を記載します。

日本のエネルギー事情が変化した東日本大震災より、ちょうど4年が経過した現在、
地域雇用・企業誘致に貢献し得る、エネルギーの地産地消が進んでいる。
ウエストホールディングスは再生エネルギーの地産地消をはじめとした地域創生を目指す
「株式会社シュタットベルケジャパン」を設立した。
ウエストグループは、広島県の安芸高田市を皮切りにして、
農業や観光、空き家対策等まで、地域創生プランを提供していく役割を目指す。

※シュタットベルケとは
電力・ガス・水道・交通等のインフラの整備・運営を担うドイツの公的事業体。
地元に根差したサービスが特徴。

記事はこちらからご覧ください。
掲載記事「電力ビッグバン エネ地産地消地域に富」2015年3月11日付





PAGE TOP